月別アーカイブ: 3月 2017

桜の季節

社殿前に咲く八重桜「御衣黄」と「福禄寿」を鈴に描き、幸多きよう大神様に祈念した「幸せを呼ぶ鈴」を社務所にて授与しています。ピンクのオリジナル御朱印帳とご一緒にどうぞ。

| コメントをどうぞ | お知らせ, 御朱印, 授与品, |

平成29年(2017)泣き相撲のご案内

平成29年7月9日(日)、境内に土俵を作り「泣き相撲:七社場所」を開催いたします。
ご本殿でお子様の健やかな成長を祈願し、四股名カブト・化粧まわしをつけて土俵に上がり、元気に泣きましょう!


【開催日】平成29年7月9日(日)

【場 所】七社神社 本殿 並びに 境内 東京都北区西ヶ原2-11-1 電話03-3910-1641

【時 間】10:00受付開始

※混雑を避けていただくため、30分ごとに分けて申し込みを承っております。

A:10:30~ B:11:00~ C:11:30~ D:12:00~

【参加資格】首のすわった、生後6ヶ月から2歳半までの男児・女児

【参加費】13,000円(ご祈願料・参加費・記念品等すべて含む)

【参加人数】100人限定

【申し込み】「一心泣き相撲 申し込みサイト

※雨天の場合は神楽殿にて相撲をお取り頂きます。

※ご祈願・泣き相撲の他に、境内では赤ちゃん力足(四股の奉納)、赤ちゃん手形、背伸び太鼓等のイベントにも参加出来ます。所要時間は1時間ほどです。

※泣き相撲当日は、境内に土俵等を設置するため車の駐車は出来ませんので、お気をつけ下さい。



「泣き相撲の由来」
泣き相撲は赤ちゃんの健康と成長を祈願する日本の伝統行事です。赤子の泣き声が邪を祓った故事を由来とし、四百年以上の歴史を有します。
化粧廻しと紅白綱を締めた赤ちゃんは力士に抱えられて人生の初土俵へあがります。『 たくましく、泣いてほしい 』と願う父母に応えるように一心に泣きじゃくる赤ちゃん。古来より人々はその声に生命の息吹を感じてきたのでしょう。
赤ちゃんの泣き声やしぐさに合わせて行司が勝負を預かり、『 緑児泣きたるは万歳楽 』と、すこやかな成長を祈願します。ふるってご参加ください。(一心泣き相撲・公式サイトより)

【泣き相撲:詳しくはこちら

動画YouTube

 


| コメントをどうぞ | お知らせ, 祭典行事, 泣き相撲, 境内 |

高橋カオリ先生参拝

七社神社の「円満こま犬絵馬」と「子守犬」のデザインをして頂いた高橋カオリ先生が参拝されました。

「円満こま犬絵馬」と「子守犬」に関しては【御朱印のページ】をご覧下さい。

| コメントをどうぞ | お知らせ, 御朱印, 授与品, その他 |