夏越しの大祓

6月1日から7月7日まで境内参道に茅の輪を設置します。

どうぞ皆さま、茅の輪をくぐり、知らず識らずについた罪・穢をお祓いください。

茅の輪

ー茅の輪の由来ー茅の輪(茅草で作られた大きな輪)は、正月から六月までの半年間の罪穢を祓う夏越の大祓に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。

くぐり方は「水無月の夏越の祓へする人は千歳の命延ぶというなり」という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の字を書くように三度くぐり抜けます。こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。

茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来が武塔神(素盞嗚尊)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。

「水無月の 夏越の祓へする人は 千歳の命 延ぶというなり」(拾遺和歌集)

「母の分 も一つくぐる 茅の輪かな」(一茶 )

◎大祓行事は6月28日(水)午後5時から境内参道で執り行います。どなた様でも参加出来ますので午後4時50分ごろまでにお越し下さい。

茅輪守(ちのわまもり)は茅の輪設置期間中、社務所にてお頒ちしています。

茅輪守 500円

| お知らせ, 祭典行事, 境内 |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA