カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

伝筆(つてふで)年賀状特別講座

「伝筆年賀状特別講座」を七社神社社務所にて開催します。
来年の年賀状をかわいい伝筆で書きましょう!
また年賀状作成の他に全国の自然災害復興祈願のメッセージをはがきに書いていただきます。
皆さまが書かれた復興祈願のメッセージはがきはお預かりし、七社神社でお祓い、元旦から松の内までの展示します。展示後は、境内でお焚き上げさせていただきます。
詳しくはこちら→https://kanasufude.amebaownd.com/posts/4956608

| コメントをどうぞ | お知らせ, その他 |

祭礼 神賑行事

平成30年 祭礼神賑行事

9月22日(土)

17:30〜18:30 「神楽舞・真琴演奏」 百桃の会・花しずく

18:30〜19:00 「舞女〜まいひめ」 藤間蘇女丸日本舞踊 門下一同

1、祭りの夜(タップ座頭市)

2、ボレロ荒城の月

3、晒三番叟

4、神々の詩

19:00〜19:30 「コーラス」  赤坂氷川合唱団「弥栄」

夕刻          「祭囃子」   飛鳥連

 

9月23日(日)

終日 「祭囃子」松本源之助社中

松本源之助社中 里神楽公演予定

14:30〜 天孫降臨

16:30〜 八幡山

19:00〜 熊襲征伐

夕刻 「祭囃子」飛鳥連

 

| コメントをどうぞ | お知らせ, 例祭, 祭典行事, 舞殿公演, 神楽舞 |

七社神社 例祭

七社神社の例祭は毎年秋分の日に執り行われます。

平成30年は9月22日(土)・23日(日・秋分の日)の2日間祭礼が執り行われます。

両日とも境内には沢山の露店が建ち並び、舞殿で数々の神賑行事が開催されます。

神賑行事の細かい内容は決まり次第お伝えいたします。

松本源之助社中

飛鳥連

百桃の会

詩吟 はるな会

にっぽんの歌

| コメントをどうぞ | お知らせ, 例祭, 舞殿公演, 神楽舞 |

翻訳者のご紹介

七社神社フェイスブック等の翻訳者、田中陸さんをご紹介いたします。

現在アメリカの高校に留学中の高校2年生です。日本の美しさや文化を訪日観光客の皆様に紹介したいと思い、昨年通訳案内士の資格を取得しました。そしてこの度、七社神社のフェイスブックの記事の英訳を手伝わせていただくことになりました。実家の近所で馴染み深い七社神社を多くの人々に知っていただき、訪ねていただけるように力を尽くしたいと思います。よろしくお願いします。

I am currently a sophomore at a high school in the United States. I have always been interested in spreading the beauty of Japanese culture among foreign tourists; I recently became a Licensed Guide in Japan. From now, I am going to be assisting with the Nanasha-Jinja Shrine Facebook Page by translating Japanese posts into English. I hope this neighborhood shrine’s publicity will rise among the tourists. Thank you so much for your cooperation and I hope you find it useful!

| コメントをどうぞ | お知らせ |

浦安の舞体験教室2018

神社で神楽舞を体験してみませんか?

昔から神様への奉納として受け継がれてきた神楽舞。

日本の伝統文化を、親子一緒に体験してみませんか?

開催日 平成30年8月19日(日)午後1時〜4時

参加費 お一人 500円(開催日の当日お持ち下さい)

持ち物 くつ下(足袋でも可)・動きやすい服装・タオル・水筒

定 員 10名

会 場 七社神社 社務所

対象者 小学生・中学生の女子(保護者の方もご一緒にご参加下頂けます)

講 師 百桃の会

体験教室の内容

◆神社のお話し◆浦安の舞のお話し◆浦安の舞実演◆神楽鈴の扱い方の練習

◆足の運び方の練習◆浦安の舞の体験◆本殿でお参り

参加希望者は、申込用紙に必要事項を記入の上、社務所にお持ち下さい。

(FAX・メール・郵送でも結構です。後日確認のご連絡を致します)

FAX 03−5944−5600

メール inquiry@nanasha.jp

住所 〒114-0024 東京都北区西ヶ原2−11−1 七社神社 浦安の舞教室 宛

『浦安の舞とは』

昭和 15 年(1940)の皇紀 2600 年の年に全国で奉祝祭が執り行われ、

その祭典中に奉奏するために作られた神楽舞で、上代の手振りをしのぶ荘重典雅な女舞です。

昭和天皇御製(浦安の舞の歌詞) 「天地(あめつち)の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を」

昨年の様子はこちら

| コメントをどうぞ | お知らせ, 神楽舞 |