七社神社

ブログ

ブログ

祈年祭

本日二月十七日は祈年祭(きねんさい)を齋行しました。
祈年祭は「トシゴヒノマツリ」ともいい、年のはじめ五穀の豊穰を祈り皇室の御安泰並びに国家の繁栄を祈る春の大祭です。
古くは、第十代崇神天皇の御代に、天つ神をまつり、五穀の豊穰・国民の疫病治癒・国土の安泰を祈願していました。下って、法の整備により、祈年祭は国家行事として盛大に行われていた様子が窺われます。ところが、平安朝の初期よりしだいに衰え、応仁の乱後の戦国時代には廃絶となります。その後、元禄の頃より国学の振興に伴い復興が唱えられ、明治二年、神祇官の復興とともに再興されました。期日は、二月四日に宮中において頒幣の儀を行い、二月十七日には宮中三殿にて祭典を執行、神宮以下全国の神社にて大祭を執行します。然しながら、大東亜戦争後の占領下に於いて、春祭りとしてその面影を留めていましたが、次第に祈年祭として復興し現在に至ります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagraminstagram
instagrmでみる 》