七社神社

御祈願・御祈祷

御祈願

御祈願・御祈祷

七社神社は七柱の神々を祀るお社として西ヶ原に鎮座します。

七柱の神々の内、天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、天照大神が天の石屋に閉じこもった際「祝詞(のりと)」を奏上した神で、中臣の祖神として信仰され、祝詞の神とも言われています。

今日も人生儀礼のお参りをはじめ様々な願いを神に祈ります。

「祈願祭」は、皆様の願いを祝詞に託し神様に奏上する尊い祭りです。令和2年のお正月のご祈願は1月1日から1月5日までご予約無しでもお承り致します。なお1月1日のみ、お昼の12時からお承り致します。【1月1日 正午〜午後4時半 受付】【1月2日〜5日 午前9時〜午後4時半 受付】また1月1日から1月5日までは合同祈願となります。1月6日以降のご祈願はご予約をお願い致します。

お参りのお日にちが決まりましたら、お電話かネットでご予約下さい。

御祈願・御祈祷は鎮守の社 七社神社へ

七社神社 社務所 電話 03-3910-1641

お初穂料は5千円よりお気持ちお願いしております。

祈祷

各種年表

【 令和2年 厄年 】

  • 前厄
  • 本厄
  • 後厄
男 性
  • 24歳

    平成9年生まれ
    うし

  • 41歳

    昭和55年生まれ
    さる

  • 60歳

    昭和36年生まれ
    うし

  • 25歳

    平成8年生まれ
    ねずみ

  • 42歳

    昭和54年生まれ
    ひつじ

  • 61歳

    昭和35年生まれ
    ねずみ

  • 26歳

    平成7年生まれ
    いのしし

  • 43歳

    昭和53年生まれ
    うま

  • 62歳

    昭和34年生まれ
    いのしし

  • 前厄
  • 本厄
  • 後厄
女 性
  • 18歳

    平成15年生まれ
    ひつじ

  • 32歳

    平成元年生まれ
    へび

  • 36歳

    昭和60年生まれ
    うし

  • 60歳

    昭和36年生まれ
    うし

  • 19歳

    平成14年生まれ
    うま

  • 33歳

    昭和63年生まれ
    たつ

  • 37歳

    昭和59年生まれ
    ねずみ

  • 61歳

    昭和35年生まれ
    ねずみ

  • 20歳

    平成13年生まれ
    へび

  • 34歳

    昭和62年生まれ
    うさぎ

  • 38歳

    昭和58年生まれ
    いのしし

  • 62歳

    昭和34年生まれ
    いのしし

※数え年とは満年齢に誕生日前には二才、誕生日後には一才を加えた年です

[ 令和2年 七五三 ]

  • 数え年

    満年齢

  • 7歳女児
    (帯解のお祝い)

    平成26年

    平成25年

  • 5歳男児
    (袴着のお祝い)

    平成28年

    平成27年

  • 3歳男女児
    (髪置のお祝い)

    平成30年

    平成29年

※数え年でのお参りが慣わしですが、ご家庭やお子様のご都合により満年齢でされても構いません
※11月15日が七五三の日ですが、11月の都合の良い日で構いません
※11月以外の月でも対応いたします。ご相談ください

[ 歳祝表 ]

  • 還暦(かんれき)

    61歳(満60歳)

    生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれます。

  • 古希(こき)

    70歳

    中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。

  • 喜寿(きじゅ)

    77歳

    「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来しています。

  • 傘寿(さんじゅ)

    80歳

    「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読めることに由来しています。

  • 米寿(べいじゅ)

    88歳

    「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。

  • 卒寿(そつじゅ)

    90歳

    「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。

  • 白寿(はくじゅ)

    99歳

    百から一を引くと「白」となることに由来しています。

  • 百寿(ひゃくじゅ)

    100歳

    100歳であることから百寿と呼ばれています。

instagraminstagram
instagrmでみる 》