七社神社
ブログ

ブログ

舞殿 鏡板 相生の松 作製

現在、津寺里可子先生に舞殿の羽目板に「相生の松」を描いた鏡板を作製していただいています。

先生のブログに制作過程が公開されています。

どうぞご覧ください。

相生の松(あいおいのまつ)とは、雌・雄の2本の松が寄り添って生え、1つの根から立ち上がるように見えるものをいいます。松は永遠や長寿を象徴し、相生の松は特に縁結びや和合、長寿の象徴とされています。能の『高砂』でも相生の松によせて、夫婦和合・長寿をうたっています。


津寺里可子先生のブログ

1 →2 →3 →4 → →5 →6 →7 →8 →9 →10 →11 →12 →13 →14 →15 →16




コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagraminstagram
instagrmでみる 》