七社神社
ブログ

ブログ

令和4年 例祭神賑行事

令和4年 例祭神賑行事の詳細が決まりました。

境内神楽殿で奉納されます。観覧無料ですので皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

雨天でも開催します。

9月22日(木)

午後2時30分〜 「歌奉納」 小畑あゆみ

午後3時15分〜 「巫女舞奉納」 百桃の会

午後4時〜 「真琴和歌奉納」 瀧里しひな

午後6時〜午後7時 「日舞 奉納」 親子日舞教室受講生・藤間蘇女丸舞踊団

 


浦安の舞


 

日舞


 

9月23日(金・祝)

終 日 「祭囃子・里神楽」国指定無形民俗文化財 松本源之助社中

里神楽上演時間

午後2時30ごろ 「稲荷山(いなりやま)」

稲荷大神が白狐を呼出し、天之破魔矢(あめのはまや)を持参させます。稲荷大神は天之破魔矢で悪鬼退散の発弓丿舞(はっきゅうのまい)を舞い、続けて白狐は幣束(へいそく)で大地を清める浄丿舞を舞い、氏子町内に向かいます。五穀豊穰を喜び従者が楽しく舞い納めます。

午後4時30分ごろ 「八幡山(やはたやま)」

神功皇后が出陣に際し引弓丿舞(しきびのまい)で戦勝祈願 し、随神竹之内宿禰(ずいしんタケノウチノスクネ)と 二人で相生丿舞(力合わせの舞)を舞い、海の彼方に出陣 します。お二人の無事を祈念し、従者が楽しく舞い納めます。

午後7時ごろ 「神明種蒔(しんめいたねまき)」

稲荷大神は五穀の種と鍬(くわ)を天狐(テンコ)に授け、種付けを命じます。そこに村人が現れ種を盗み取ろうとしますが、天狐に化かされてしまいます。天狐と村人のやり取りが楽しい土師流を代表する御神楽です。

夕 刻 「祭囃子」 飛鳥連

天孫降臨
天孫降臨2



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

instagraminstagram