七社神社

ブログ

ブログ

七五三参りは何で11月15日なの?

旧暦の11月15日は二十八宿の鬼宿日に当たり、何事をするにも良い日と言われています。天和元年(1681)旧暦の11月15日に徳川5代将軍綱吉の子、徳松の君が数え年の3歳に行われる髪置の祝いに、江戸城域の産土神である、江戸山王権現(現・日枝神社)に参詣したのが始まりと言われ、その後庶民の間でも七五三詣での風習が広がったようです。また、旧暦の11月は収獲を終え、この年の五穀豊穰を大神様に感謝する月でもあり、その月の満月の日である15日には、産土神様への御礼を兼ねて子供の成長を感謝し、御加護をお祈りするようになりました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagraminstagram
instagrmでみる 》