七社神社
ブログ

ブログ

甲子の日に始めよう。

甲子の日(きのえねのひ)とは十干十二支で60日周期で一番最初にくる日で、縁起の良い吉日とされています。

ゆえに、甲子の日から始めたことは長く続く

甲子の日に行動を起こすといい運の流れになるとされています。

 

高校野球の代名詞ともなっている『甲子園球場』。この甲子園球場には「甲子」が冠されています。

これは甲子園球場の起工式が大正13年(1924年)の「甲子の年」に行なわれ、この 60年に一度の縁起のいい年に完成し、末永くあり続けるという思いを込めて「甲子園」と名付けられたからといわれています。

 

私たちが、自然と使っている干支(えと)は十干十二支の組み合わせで成り立っています。

十干「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」

十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」

この二つが組み合わさり、十干十二支(じっかんじゅうにし)の60通りの組み合わせになります。

これは年や日にちにも当てはめられ、現代でも「今年は甲子の年」「今日は甲子の日」などと日常の暦でも使われています。

 

甲子はその十干・十二支ともに一番最初のくるものが組み合わさっています。

甲子の日は60日に一度、甲子の年は60年に一度くる貴重な吉日・吉年とされています。

甲子の日は大黒様の縁日でもあり、金運・財運・出世運・商売繁盛などの縁起もある吉日とされています。

今年令和4年( 2022年)の甲子の日カレンダー

今年令和4年(2022年)の甲子の日は以下の日となっております。

1月11日(火)友引 甲子の日 + 天赦日 + 一粒万倍日

3月12日(土)大安 甲子の日

5月11日(水)友引 甲子の日

7月10日(日)大安 甲子の日

9月8日(木)友引 甲子の日

11月7日(月)大安 甲子の日  + 天赦日

 

甲子の日は最上吉日である『天赦日』と重なることが多くあります。

甲子の日の縁起の良さに加え、他の吉日とも重なることにより、より運気の上がる、より縁起の良い日になりますので、甲子の日である日は多くの注目を集める吉日ともなっています。

 

こちらのサイトではもっと詳しく記載されていますので、よろしければご覧下さい。

大安吉日カレンダードットコム 【吉日】甲子の日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagraminstagram