七社神社
ブログ

ブログ

子授守のご案内

銀杏は多くの実をつけることから子宝・子授けのご利益があると云われています。

この子授守(こさずけまもり)は、銀杏の実の中に赤ちゃんを授かっている姿をあらわし、子授けのお守りとして奉製しました。

初穂料は700円です。

【子(ね)の日に子宝祈願】
十二支の「子(ね)」は、孳る(ふえる)の意味を持ち、生命の繁栄を示します。
新しい生命が種子の中に萌(きざ)し始める状態を表しています。

子宝(子授け)祈願をお考えの方は、北区西ヶ原の七社神社にご連絡下さい。
ご予約は電話やホームページから行えます。
参拝者用駐車場もございますのでお車の方はご利用下さい。

七社神社の子宝祈願ページ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagraminstagram
instagrmでみる 》