七社神社
ブログ

ブログ

子授け石棒

石棒とは男性を象徴した縄文時代の石器で、子孫繁栄を祈る祭具と考えられています。

この「子授け石棒」は平成14年9月 北区西ヶ原貝塚より出土した縄文時代後期の石棒を模して奉製し、子授けを祈念したお守りです。

子授け石棒 22cm(台座 30cm×8cm)

初穂料 3,000円(箱入です)

*子宝祈願で祈願料を1万円以上お納め頂いた方には「子授け石棒」を記念品にお付けしております。


▼写真 北区飛鳥山博物館 提供

(石棒 緑泥片岩製 縄文時代後期 平成14年9月 北区西ヶ原貝塚出土)

出土した石棒は「北区飛鳥山博物館」で見る事が出来ます。

北区飛鳥山博物館

開館時間  10時~17時(常設展示室観覧券の発行は16時30分まで)

休館日 毎週月曜日 (国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館)

臨時休館日 年末年始(12月28日~1月4日)

常設展示室観覧料  一般 300円(団体240円)

詳しくは→「北区飛鳥山博物館」のサイトへ

写真 北区飛鳥山博物館 提供

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagraminstagram